局所排気・排ガス処理装置等に関する法規|ホルムアルデヒドやキシレンなどの脱臭装置・光触媒空気清浄機

局所排気・排ガス処理装置等に関する法規

TOP > 「環境改善機器・設備」 > 「関連法規 」

局所排気・排ガス処理装置等に関する法規

ドラフトチャンバー(局所排気装置)・排ガス処理装置等に関する法規

有機溶剤、特定化学物質、粉塵等といった有害業務にかかる衛生工学設備は、その設置の際に労働基準監督署への届出が必要です。
労働安全衛生法
  • 第45条(定期自主検査)
    事業者は、ボイラーその他の機械等で、政令で定めるものについて、厚生労働省令で定めるところにより、定期に自主検査を行ない、及びその結果を記録しておかなければならない。
  • 労働安全衛生法施行令
  • 第15条(定期に自主検査を行うべき機械等)
    定期に自主検査を行うべき機械等は、次のとおりとする。
    第9項:局所排気装置、プッシュプル型換気装置、除じん装置、排ガス処理装置及び排液処理装置で、厚生労働省令で定めるもの
  • 有機溶剤中毒予防規則
  • 第20条(局所排気装置)
    定期自主検査事業者は1年以内ごとに1回、定期自主検査を行わなければならない。
  • 第21条(定期自主検査)
    記録事業者は自主検査の記録を3年間保存しなければならない。
  • 特定化学物質等障害予防規則等
  • 第30条(定期自主検査)
    事業者は1年以内ごとに1回、定期自主検査を行わなければならない
  • 第32条>(定期自主検査)
    記録事業者は自主検査の記録を3年間保存しなければならない

    • 局所排気装置(ドラフトチャンバー等)を設置する場合、管轄の労働基準監督署に届出が義務づけられています。

    局所排気装置の設計及び施工は盛和工業にご相談ください。

    PAGE TOP

    環境浄化装置製品ラインナップ

    お問い合わせはこちら