ホルムアルデヒドやキシレンなどの脱臭装置・光触媒空気清浄機

光触媒空気洗浄機・脱臭装置

>>某医療センター 切出し室 ホルムアルデヒド濃度低減データ。

業務用空気清浄機なら盛和工業の光触媒環境浄化装置

近年、社会問題として危険視されているホルムアルデヒドやキシレンなどの有害化学物質が及ぼす人体への健康被害。これらは見過ごすことができないため、早急な対策が必要です。

「盛和工業」がお勧めする「光触媒環境浄化装置」は、ホルムアルデヒドやキシレン、イソプロピルアルコール、ケトン類などの分解はもちろん、「脱臭」「低濃度VOC除去」「除菌」「ダスト除去」などの能力に優れている業務用空気清浄機です。本製品は多くの病理施設様、一般企業様からお使いいただいております。

「労働安全衛生法の改正に合わせて化学物質の取り扱いを強化したい」
「空気環境が悪く従業員の健康を害す恐れがあるので空気清浄機で改善したい」

といったご要望がございましたら、ぜひ本製品の導入をお考えください。

環境浄化装置製品ラインナップ

最近の状況

 厚生労働省の調査によれば、アセトアルデヒドなどの化学物質を起因とした労働災害が社会問題として危険視されています。
平成23年の労働安全衛生法の関係法令の改正によって密閉化か屋内作業場での発散抑制措置が義務付けられました。しかしながらこの密閉化が難しい場合は、作業者の呼吸域で高濃度にならないように、発散源近くで溶剤蒸気を吸引除去する必要があります。
つまり、ダクトから吸い上げ、施設外の空気清浄装置で処理する「局所排気装置」の設置が対策として有効視されています。
 この局所排気装置には活性炭などの吸着剤が多く利用されてきたが、その吸着能力には限界があり、定期的な交換や再活性化処理が必要となっています。
それに対して、光触媒は悪臭・有害物質の成分を酸化・分解し蓄積されないため局所排気装置の技術として効果的であります。
また、弊社では従来、光触媒では困難な芳香族有機化合物などの分解に特殊紫外線ランプを用いることで成功し、小型空気清浄装置を製造し対応が可能となりました。
これらの技術を転用すれば弊社の空気清浄装置によって特定化学物質障害予防規則の規制対象物質に加わったエチルベンゼンも含む化学物質を吸引除去が可能になります。
弊社は屋内作業場での発散抑制措置として化学物質を光触媒技術で処理する局所排気装置をご提供いたします。

お問い合わせはこちら